2015年10月 2日 (金)

武蔵野うどん「武久」八木製麺所

Dc100201

武蔵野うどん、とは武蔵野辺りで食べられてきた郷土料理、一帯は関東ローム層で稲作に向かず、昔から小麦文化だったようです。

Dc100204

肉汁うどん(中)、680円。麺は太くてシコシコ、ロースト麦芽入りの国産小麦全粒粉を使った、自家製の熟成麺。小麦の風味よし。出汁は道南真昆布、三種の節類、龍野の醤油、愛知の味醂で作られ、三重県産の豚肉、油揚、ネギが入っています。円やかな旨み。最後はポットに入った割り出汁を入れて完飲。久し振りに美味しいうどんに巡り会いました。

他のメニューは、きのこ肉汁うどん(中、680円)、辛汁うどん(中、780円)、カレー肉汁うどん(中、780円)。それぞれ、極小(150g)、小(200g)、中(300g)、大(400g)、極大(550g)、更に増やすことも出来るようです。

7月末にオープン。安佐南区八木一丁目26-27、可部街道(国道54号線)、城南中学校入口交差点を南、一つ目の城南中学校北交差点を東へすぐ右側、ばくだん屋の右隣です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

蕎場しらかわ

Dc091505

蕎麦ではなく、蕎場、他に、SO BAR、そば居酒屋、の表記あり。以前から何度も前を通り、入ってみたいと思っていたお店です。

Dc091506

十割せいろそば、700円。端正な蕎麦、最後のそばつゆまで、美味しく頂きました。夜も楽しい時間が過ごせそうな雰囲気です。

中区袋町8-14、本通りBEAMSを南、NTT袋町ビルの正面。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

辣蕎麦(らーそば)

Dc090308

中区紙屋町二丁目2-18、サンモールの地下です。

Dc090307

鶏辣蕎麦、600円。日本蕎麦をラー油の入ったそばつゆで食べます。堀川町にある店のラー油蕎麦(こちら)と同系統。東京には相当前からこの様な蕎麦があったそうです。結構旨い。このお店の蕎麦、野菜がたくさん載っていて量的に多そうですが、上げ底になっていて、少なくはありませんが普通です。右上の徳利のようなものにはお湯が入っていて、ツユをこれで薄めて飲みます。美味です。ツユにご飯を入れ、おじや風にすることも出来ると書いてあります(追い飯、100円)。店内は、左右にカウンター4席ずつ、奥の厨房は左のパスタ屋(vege-pa)に繋がっているように見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

新潟・長野・富山の物産展

福屋八丁堀店にて。

Dc060906
信州戸隠そば、山故郷(やまざと)。ざるそば、831円。
Dc060908
ぼっち盛り、というそうです。
Dc060910
蕎麦湯も頂きました。

Dc060926
小布施堂、栗むし、864円。
Dc060931
栗あんに栗の渋皮煮。

Dc060914
麦香房EPI、信州りんごパン、432円。
Dc060917
りんご果汁で生地を作り、蜜りんごを練り込む。

この物産展は本日で終了、会期わずか6日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

だし玉肉うどん@丸亀製麺広島宇品店

Dc051532

うどんの上に出汁巻き卵、その中に牛しぐれ煮、絡みがよくなるように餡かけ出汁、大根おろしが添えられ、豪華です。590円。

Dc051535

色々な食べ方が提案されていましたが、そのまま掻き混ぜるだけで結構な美味しさです。七味が合うのではと後で思いました。もしもう一回食べることがあればやってみます。

Dc051530

南区宇品西三丁目1-44、宇品橋の南、最初の信号の南東。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

侍そば

Dc050901

西区井口五丁目18-27、何とも説明できない場所です。井口高校と広島工業大学高校の間の住宅地にあります。以前、鈴峯から移転してきた「安庵」というそば屋があった所です。

Dc050905

店名と同じ「侍そば」という定食、920円。そばは「もり」か「かけ」を選択(量は一人前より少ない)、天丼か親子丼が付き、さらに、そば寿司、出汁巻き卵、香の物、お得なセットです。沢庵以外はどれも旨い。そばはかなり細く、風味、食感がいい。

Dc050909

お昼だけの営業、日曜と水曜が休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

ちから本店

Dc040801

中区鉄砲町9-5、流川通北口交差点(三越の北東角)を少し北上、西側。広島では超有名なお店、市内を中心に40店舗ほど。うどんと和菓子が中心。一風堂とコラボしたラーメン店には行ったことがあります。しかし、ここのうどん、初めてではないと思うのですが、食べたという明確な記憶はありません。今日は一時過ぎに訪問、中央に調理場があり、周りにずらっとカウンター、結構混んでいました。入り口で注文すると、調理係へ伝達され、席に着いて程なくうどんが到着、残念ながら茹で置きのようです。

Dc040804

甘辛きつねうどん、480円(税込み)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

にしんそば@京都展

Dc030803

福屋八丁堀店、春を彩る京都展(~10日)にて。三百年近い歴史を誇る河道屋ではなく、明治になっての暖簾分け、河道屋倖松庵です。

Dc030805

にしんそば、972円。ニシンは旨いが、そばとの一体感がなかった。

Dc030806

河道屋といえば、蕎麦ほうる(蕎麦ぼうろ)を思い出しますが、今日は八ッ橋を購入。昔からの、餡のない、ポリポリの八ッ橋が好みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

横川橋康次郎

Dc020516

2013年4月、ふくべ三(こちら)の後に出来たお店。検索していて何度か遭遇した謎のグループ、笹組(中島康三郎商店)の一員のようです。

Dc020509
とろろ昆布そば、950円。

Dc020512
焼餅のきつねそば、950円。

凄く細く、食感と喉越しがいいそばです。途中で七味を入れると、更に美味しくなりました。京都の原了郭の黒七味です。

Dc020515

小石原焼の湯呑、ふくべ三にもあったので、そのまま使ってるのでしょう。爪楊枝、左は「ふつう」、右は「ミント」、先端が緑です。

西区横川一丁目6-6、横川橋のちょっと北、西側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

讃岐屋八丁堀店

Dc020307

広島で13店舗を展開するお店。八丁堀店は何度も前を通るのですが、入るのは初めてです。鍋焼きカレーの幟に惹かれました。

Dc020305

鍋焼きカレーうどん、860円。カレーの味は控えめで、だしの旨さが引き立っていました。牛肉、野菜がたくさん入っています。温泉たまご、ミニごはん、たくあん三枚、付き。

中区八丁堀11-13、東急ハンズの裏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧